モバイル版表示に切り替える

埼玉県保護者会キャンパス見学会報告(平成28年度10月15日開催)


はじめに

清々しい秋晴れの空の下、ことしもキャンパス見学会を行い、横浜健志台キャンパスに、保護者約60名が集いました。
10時から百年記念館1301教室で受付を行い、来場した方に日体大オリジナルグッズをプレゼントしました。

キャンパス見学

10時40分より、保護者会平澤副会長の司会により本日の予定と注意事項等の説明。続いて石田会長の挨拶の後、2班に別れ、校友課北川浩主任、学生支援センター生活支援部門緒方美保事務長のご案内により、緑あふれる健志台キャンパスを、見学させていただきました。

平澤副会長の司会 / 石田会長の挨拶

ご案内をして頂いた北川主任と緒方事務長

百年記念館を出て、米本記念館の相撲場、レスリング場を見学しました。阿吽(あ・うん)の対になったライオンを従えた米本記念館のエントランスは威風堂々たるものでした。

体操競技館では、滑り止めの粉が舞うなか、多くの選手が練習しており、「ここが内村君、白井君も練習の場所なんだ」という臨場感をひしひしと感じ、興奮しました。

接骨院、学食、コンビニの入った2号館、救急医療実習を行う9号館を見学し、緑豊かな森のなかに点在する、ラグビー場、サッカー場、アーチェリー場、野球場を見学しました。
この頃になると、ふくらはぎがパンパンになり、説明を聞くあいだ座っていた観客席とお別れするのがつらくて、つらくて・・・・・・。

屋外施設はナイター設備なども良く整備され、学生たちの活動を支える一方で、ラグビー場やサッカー場は遊水地としての機能も持ち、洪水防止という面でも役に立っているそうです。

見学風景


ここで昼食タイム

健志台学食メニュー

日体体操

第2アリーナにて体操研究室の三宅良輔教授の指導の下、「日体体操」を体験しました。
日体体操とは、125周年記念にあわせて地方自治体と連携して、体をほぐすための体操を体操研究室が監修して作ったストレッチ体操です。立位と座位の2種類の体操で、弘道お兄さんと体操の田中理恵さんの出演するCD・DVDを製作し式典で配布されました。

体操研究室の三宅教授

今回は椅子がないために大きなGボール(バランスボール)を椅子代わりに日体体操を行いました。普段からあまり体を動かしていない方が多いらしく、最初はGボールに慣れずに落ちたりしていましたが、徐々にコツをつかみ最後はGボールで日体体操が出来ました。心も弾む楽しい体験をさせていただきました。

Gボールでバランスをとる練習

Gボールに座り日体体操を行う

保護者からはDVDがほしいとの要望がありましたが非売品とのことで残念がっていました。是非商品化していただき全国に広めていただきたいと思います。

就職研修会

公務員・企業向けとして、最初はビデオを視聴し、その後キャリア支援部門の大山茂事務長のお話しを伺いました。
就職先や就職率の他、日体大生の挨拶ができて明るいという長所はどの企業からも求められているというお話しを聞いて少し安心しました。キャリア支援としては全3年生を対象にガイダンスを開催、卒業生OGが自分たちの体験談を発表する企画等を行っている。悩んでいる学生は是非とも学生支援センターに相談にきてほしいとのことです。

次に、教員採用向けとして埼玉県同窓会事務局長の鳥山康夫先生のお話しを伺いました。
日体大で週2日教鞭をとられ、同窓会として教育実習の特別巡回指導もされています。埼玉県の教員採用試験に関して、教員になることの難しさや的確な情報の重要性について、みなさん我が子の就職が目前にあるため、真剣に聞いていました。教員採用試験対策として4月~6月の土曜日に臨任・非常勤の卒業生を対象に上尾スポーツ総合センターで講習会を2時間程度開催し、現役学生を対象に毎年5月に世田谷キャンパスで研修会を行っております。また、学生支援センターにたくさんの資料があり充実しているそうです。是非活用して情報収集してほしいとの事です。

おわりに

こうして、日体大らしいフィジカルな見学会は終了しました。ご協力いただいた皆様、ご参加をいただいた皆様ありがとうございました。

お手伝い頂いた役員のみなさん

文責:大野、 写真:大野・下山・町田